Open Nav
  1. TOPページ
  2. 動物愛護社会化検定基礎級試験(犬の飼い主検定)公式テキスト Dog Owners Handbook 愛犬と幸せに暮らす本

画像をクリックして拡大イメージを表示

動物愛護社会化検定基礎級試験(犬の飼い主検定)公式テキスト Dog Owners Handbook 愛犬と幸せに暮らす本
《61000005》


販売価格: ¥ 1,296円(税込)


動物愛護社会化検定基礎級試験(犬の飼い主検定)公式テキスト

本書は、犬と現代社会との関わり、法律や法規、犬の社会化、適正な飼育方法やしつけの方法、病気の予防やケアなど、飼い主さんに知っておいて欲しい内容をわかりやすくまとめています。初めて犬を迎える方、犬のことをもっと知りたい方、犬との暮らしをもっと楽しみたい方にぜひ読んでいただきたい1冊です。

※本書は特定非営利活動法人 動物愛護社会化推進協会が実施する動物愛護社会化検定基礎級試験(犬の飼い主検定)の公式テキストとして認定されています。

■『Dog Owners Handbook』は「動物愛護社会化検定 基礎級試験(犬の飼い主検定」の公式テキストです!
試験の様子
試験の様子
「犬の飼い主検定」の試験前には、男性・女性・年配の方も若い方も皆さんが『Dog Owners Handbook』を広げて試験前最後の復習をされていました。試験中は皆さん様々な犬に関する問題に真剣な表情で取り組んでおられました。
試験では主に『Dog Owners Handbook』から4択問題(100問)が出題され、90分の試験が行われます。

■テキストからこのような問題が出題されます!
●新しく子犬を迎える方にも知っておいてほしい知識も掲載しています。
頁見本
問.子犬の社会化に一番大切とされている時期はどれでしょう? 正しいものをひとつ選びなさい。
 a.生後2週齢~4週齢頃の時期
 b.生後3週齢~14週齢頃の時期
 c.生後4ヵ月齢~6ヵ月齢頃の時期
 d.生後8ヵ月齢~10ヵ月齢頃の時期
答え.b

●イラストも用いて読みやすくなっています。
頁見本
問.犬が食べると中毒を起こし、溶血性貧血を起こす可能性のある食べ物はどれですか?
 a.りんご
 b.ピーマン
 c.たまねぎ
 d.にんじん
答え.c

■初めて犬を迎える方、犬を飼おうと思っている方、犬との暮らしをもっと楽しみたい方にお薦めの一冊です。この本を読めば試験対策はばっちり!
合格者には動物愛護社会化推進協会から合格証書と合格カードが送られます。
合格証書
合格カード

動物愛護社会化検定基礎級試験(犬の飼い主検定)の詳細はこちら


目次
第1章 人と動物の共生社会に向けて
 ●今日の犬をとりまく環境
 ●少子高齢化と犬
 ●都市化と犬の姿・その問題点
 ●メディア・国際化と犬
 ●社会に役立つ犬
 ●犬に関する様々な問題・トラブル
第2章 犬を家族に迎える前に
 ●犬の起源と歴史
 ●人間と犬の出会い
 ●犬を迎える準備
 ●どんな犬を迎えるか?
 ●犬に関連する法律
 ●狂犬病への油断は禁物
第3章 犬と上手に暮らす
 ●犬も社会化が大切
 ●子犬を迎えたら
 ●基本のしつけ
 ●適切な食事を
 ●ボディケア
 ●愛犬との散歩
 ●集合住宅での犬の飼育
 ●犬を連れて出かけよう
 ●万一の災害時には
第4章 犬の健康・メディカルケア
 ●動物医療の変遷
 ●愛犬にホームドクターを
 ●避妊と去勢
 ●投薬やワクチンの接種で予防できる病気
 ●飼い主が行なう毎日の健康管理
 ●高齢犬のケアと介護
 ●病気は早期発見・早期治療を
 ●人と動物の共通感染症


発行:株式会社ペピイ
発売:インターズー
サイズ:A5判 2色カラー 136頁
発行年月日:2009年11月01日
ISBN:978-489995-517-7