Open Nav
  1. TOPページ
  2. 動物愛護社会化検定専門級試験 公式テキストブック 現代社会と家庭動物

画像をクリックして拡大イメージを表示

動物愛護社会化検定専門級試験 公式テキストブック 現代社会と家庭動物
《61000003》


販売価格: ¥ 2,700円(税込)


動物愛護社会化検定専門級試験 公式テキストブック

動物愛護推進員をめざすための本

本書は、特定非営利法人 動物愛護社会化推進協会(正田陽一理事長)が実施する「動物愛護社会化検定試験」専門級の公式テキストとして認定され、学習しておかなければならない多くの知識、事項を網羅しています。この本に記載される分野は、家庭動物(ペット)にかかわる、歴史、文化、社会から、法律、また獣医学の基礎、応用から、動物心理学、行動学の広範な領域に及び、これらの領域における最先端の知識を、専門家でない人々にも、理解していただけるように、わかりやすく解説し、広範な分野を深く、体系的に記しています。家庭動物を飼う人々のうちでより先端的な知を得ようとする人々、動物病院の看護師や、ペット関連のビジネスにかかわる人々、動物愛護団体に参画して積極的な社会的役割を果たしている人々、関連領域の行政担当者、またそれらの人々を教育、指導する人々や、この分野に関係した大学、専門学校に所属する学生たちなど、家庭動物の飼育により良く関わろうとするすべての人々にぜひ読んでいただきたい1冊です。

動物愛護社会化検定専門級試験で本テキストが使用されています!
動物愛護社会化検定専門級試験の公式テキスト『現代社会と家庭動物』に沿った試験対策講座が、試験当日行われました。試験の出題ポイントを中心に、わかりやすく説明されました。

試験対策講座の様子
東京会場
大阪会場
公式テキスト『現代社会と家庭動物』に沿って、動物愛護社会化推進協会事務局員が重要なポイントを順にわかりやすく説明し、受検者の皆さんは、説明を聞きながらポイントをチェックします。試験対策講座は、より深く家庭動物の知識を身に付け、試験合格を目指す受検者の強力なサポートとなっています。

試験の様子
東京会場
大阪会場
試験会場では、男性、女性、年配の方も若い方も皆さんが真剣に試験に取り組んでいます。主に『現代社会と家庭動物』から4択問題(60問)と記述問題(2問)が出題され、90分の試験が行われます。

動物愛護社会化推進協会から贈られる合格証書
合格証書

第2回(平成22年春)動物愛護社会化検定専門級試験の詳細はこちら


目次
第1章 人間社会とペット文化
 第1節 野生から家畜、さらにペットへ
  1. 犬の起源と家畜化
  2. 猫の起源と家畜化
  3. 古代・中世の西洋社会における人間と動物
  4. 西洋における動物愛護
  5. 日本の古代・中世における動物観
  6. 近世の日本人と犬猫との関係
  7. 日本における近代以降のペット文化の成立
 第2節 現代社会とペット(コンパニオンアニマル)
  1. 少子高齢社会における人間とペット
  2. 都市社会における人間とペット
  3. 現代社会における家族とペット
  4. 高齢ペットと人間との新たな関係
  5. 情報社会における人間とペット
  6. 補助犬とアニマルセラピー
  7. ペットをめぐるトラブルケース

第2章 家庭動物の生理と行動
 第1節 犬と猫の生理
  1. 外皮、運動器系、消化器系、呼吸器系、内分泌系、循環器系
  2. 生殖器系、泌尿器系、神経系
  3. 感覚器系(嗅覚・聴覚・視覚・味覚)
 第2節 ペットの行動と心理
  1. 生得的行動と習得的行動
  2. 発達と社会化
  3. コミュニケーション行動
  4. 問題行動とその対処
 第3節 犬猫以外の家庭飼育動物
  1. 家庭で飼育する動物の適性
  2. ウサギの生理と行動
  3. フェレットの生理と行動
  4. セキセイインコの生理と行動

第3章 ペットの健康と管理
 第1節 犬と猫の健康とケア
  1. 動物の健康状態を知る
  2. ショック、沈うつ、外傷、跛行のケア
  3. 眼、耳、皮膚、デンタルのケア
  4. クシャミ、発咳、嘔吐のケア
  5. 下痢、便秘、多飲多尿、FLUTDのケア
  6. 甲状腺機能異常、ケイレン、偽妊娠のケア
 第2節 犬と猫の栄養学
  1. 犬と猫の栄養要求と給餌の注意点
  2. 良い食事の条件とエネルギー要求
  3. ペットフードのメリットと選び方
 第3節 避妊と去勢
  1. 犬と猫の避妊・去勢手術
  2. 避妊・去勢手術の問題点

第4章 ペットの救援と介護
 第1節 緊急症状とその応急対応
  1. 心血管系と呼吸器の疾患
  2. 外傷と生活環境中の事故
  3. 皮膚と血液の疾患
  4. 消化器と代謝・内分泌の疾患
  5. 泌尿器と生殖器の疾患
  6. 神経と眼科の疾患
  7. 中毒と感染症
 第2節 病気予防
  1. ホームケアによる予防
  2. ワクチン接種による予防
  3. 投薬による予防
 第3節 福祉と介護
  1. 動物の福祉とは
  2. 動物の虐待について
 第4節 災害時の対応
  1. 自助でペットの災害対策を
  2. 共助・公助による被災動物の救護

第5章 ペットに関する法律
  1.「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)について
  2.「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(ペットフード安全法)について
  3.「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)について
  4.「狂犬病予防法」について
  5.「身体障害者補助犬法」(補助犬法)について


監修:林 良博 奥野卓司 細井戸大成
発行:株式会社ペピイ
発売:インターズー
サイズ:A5判 2色カラー 392頁
発行年月日:2009年8月20日
ISBN:978-489995-504-7