Open Nav
  1. TOPページ
  2. asBOOK やさしいエキゾ学

画像をクリックして拡大イメージを表示

asBOOK やさしいエキゾ学
《10003398》


販売価格: ¥ 5,500円(税込)


エキゾチックアニマルの基礎知識から好発疾患まで

【ウサギ】
 ○ウサギのDATA
 ○ウサギのひとくちメモ
 ○ウサギの飼育・接し方

■ウサギの特徴・飼育法
体温調節機能を持つ大きな耳、
 濁った尿などウサギ独特の特徴
警戒心が強く臆病な性格
 覚えておきたいスタンピング
チモシーと水はたっぷりと
 カルシウムは控えめに
床材は小まめに掃除
 十分な広さのケージ選びを
ウサギもしつけは可能
 コミュニケーションを大切に
 
○高齢ウサギへのワンポイントアドバイス
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○ウサギのケージ
 ○ウサギの四季の注意

■ウサギの主な病気
口腔内疾患(歯の不正咬合)
皮膚疾患(足底皮膚炎)
呼吸器疾患(スナッフル〈鼻炎〉)
消化器疾患(胃停滞〈毛球症〉)
寄生虫症(コクシジウム症)
寄生虫症(耳ダニ症)
腫瘍(子宮腺癌)
泌尿器疾患(尿路結石症)
外傷(骨折)
 
○ウサギの主な病気
 ○ウサギの永久歯の歯式
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○ウサギの看護ポイント
  
【ハムスター】
 ○ゴールデンハムスターのDATA
 ○ハムスターのひとくちメモ
 ○ハムスターの飼育・接し方

■ハムスターの特徴・飼育法
冬眠や食糞もします
 背中にはおできのような臭腺
 短い寿命、速い病気の進行
驚くと咬むので要注意!
 活発な性格で穴掘りが得意
固形のペレットが主食
 種子類は控えめに
 ノズル式の給水器がお勧め
ワイヤー製ケージ
 2階建てケージでの傷害
 落下事故に要注意
冬は10℃以下にならないように
 アナフィラキシーショックに要注意
 
○ジャンガリアンハムスターのDATA
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○高齢ハムスターへのワンポイントアドバイス
 ○ハムスターのケージ
 ○アナフィラキシーショックを起こしやすい要因
 ○ハムスターの四季の注意

■ハムスターの主な病気
皮膚疾患
消化器疾患(下痢)
腫瘍
頬袋の病気
口腔内疾患(切歯の不正咬合)
眼科疾患
子宮の病気(子宮蓄膿症)
心疾患
 
○ハムスターの主な病気
 ○人獣共通感染症
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○ハムスターの歯式
 ○ハムスターの看護ポイント

【フェレット】
 ○フェレットのDATA
 ○フェレットのひとくちメモ
 ○フェレットの飼育・接し方

■フェレットの特徴・飼育法
とがった犬歯
 バラエティに富んだ毛色
 好奇心旺盛でいたずら好き
汗腺未発達で暑さが苦手
 交尾排卵、皮脂腺と肛門腺の発達
野菜や果物は不必要
 フェレット専用フードを
 保定はその子に合わせて
金網ケージに
 トイレのしつけも可能
 帰化生物になる危険も
 
○高齢フェレットへのワンポイントアドバイス
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○フェレットのケージ
 ○フェレットの四季の注意

■フェレットの主な病気
フィラリア症
寄生虫症(耳ダニ)
寄生虫症(ノミ・マダニ)
消化器疾患(胃内異物〈毛球、異物〉)
熱中症
泌尿器疾患(尿石症)
高齢疾患(心臓病)
高齢疾患(腎臓病)
犬ジステンパー
人獣共通感染症(インフルエンザ)
人獣共通感染症(狂犬病)
口腔内疾患(歯周病)
エストロジェン中毒
腫瘍
 副腎過形成および腫瘍
 脊索腫
 
○フェレットの主な病気
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○フェレットの歯式
 ○フェレットの看護ポイント


【モルモット】
 ○モルモットのDATA
 ○モルモットのひとくちメモ
 ○モルモットの飼育・接し方

■モルモットの特徴・飼育法
ウサギと同じ草食性
 食糞の習性
 常生歯で不正咬合に注意
小心者で穏やかな性格
 保定はそっとやさしく
 一年中繁殖可能
完全な草食性で、
 ビタミンC不足にも要注意
 フードの管理にも気を付けて
見かけよりいたずら好き
 床材は新聞紙がお勧め
 ケアはやさしさ第一で
 
○高齢モルモットへのワンポイントアドバイス
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○モルモットのケージ
 ○モルモットの四季の注意

■モルモットの主な病気 
栄養性疾患(ビタミンC欠乏症)
口腔内疾患(歯の不正咬合)
皮膚疾患(足底皮膚炎)
皮膚疾患(皮膚病)
呼吸器疾患
消化器疾患
泌尿器疾患
熱中症
外傷
 
○モルモットの主な病気
 ○モルモットの歯式
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○モルモットの看護ポイント

【リス】
 ○シマリスのDATA
 ○シマリスのひとくちメモ
 ○シマリスの飼育・接し方

■リスの特徴・飼育法
さまざまな役目を果たす尾
 昼行性で朝と夕方が活発
 一生伸び続ける切歯
怖がりですばしこい性格
 尾はつかまないように注意
 季節発情で年1~2回
丈夫な金属製のケージ
 出入口はストッパーで
 逃走防止対策を万全に
雑食性でペレットが主食
 食器は重くて安定性のある
 ステンレスや陶器が衛生的
 外来生物法について

○リスの仲間
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○リスのケージ
 ○プレーリードッグのDATA
 ○プレーリードッグの保定
 ○リスの四季の注意

■リスの主な病気
口腔内疾患(頬袋の病気)
口腔内疾患(不正咬合)
眼科疾患(結膜炎、角膜炎)
熱中症(日射病)
皮膚疾患(皮膚炎)
皮膚疾患(自咬症)
皮膚疾患(尾抜け)
消化器疾患(腸炎、寄生虫症)
呼吸器疾患(鼻炎、肺炎)
泌尿器疾患(尿道炎、膀胱炎・膀胱結石)
栄養性疾患(くる病、脱毛、肥満)
外傷(過長爪、骨折)
腫瘍
子宮蓄膿症
心疾患
慢性腎不全
 
○リスの主な病気
 ○リスの歯式
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○リスの看護ポイント


【鳥類】
 ○セキセイインコのDATA
 ○セキセイインコのひとくちメモ
 ○セキセイインコの飼育・接し方

■鳥類の特徴・飼育法
気嚢と含気骨で軽体重
 体温維持に役立つ羽
 手と歯の役割のくちばし
おしゃべりを得意にする鳴管
 食物を貯め込むそ嚢
 尿・便・卵の出口 クロアカ(総排泄腔)
41~43℃の高体温
 食餌を切らさないことと
 保温が何よりも重要
胸を圧迫しないやさしい保定
 ヒトでみると何歳?
 
○高齢セキセイインコへのワンポイントアドバイス
 ○鳥類のDATA
 ○与えてよいもの、与えてはいけないもの
 ○鳥類のケージ
 ○鳥類の四季の注意

■鳥類の主な病気
呼吸器疾患(鼻炎、副鼻腔炎、気嚢炎)
呼吸器疾患(甲状腺腫)
消化器疾患(腸炎)
消化器疾患(そ嚢炎)
消化器疾患(肝障害)
消化器疾患(くちばしの異常)
消化器疾患(消化器内の原虫症)
筋骨格系疾患(骨折)
筋骨格系疾患(脚弱症候群)
筋骨格系疾患(肥満)
筋骨格系疾患(痛風)
筋骨格系疾患(趾瘤症)
泌尿器疾患(腎臓腫瘍、細菌性腎炎、腎機能障害)
皮膚・付属器の疾患(毛引き症、自咬症)
皮膚・付属器の疾患(ウィルスによる羽毛障害)
皮膚・付属器の疾患(疥癬症)
生殖器系疾患(卵塞〈卵詰まり〉)
生殖器系疾患(精巣腫瘍、卵巣腫瘍)
人獣共通感染症(オウム病〈クラミジア症〉)
人獣共通感染症(ジアルジア症)
 
○鳥類の主な病気
 ○病気発見のための健康チェックポイント
 ○鳥類の看護ポイント

鳥インフルエンザQ&A
ニワトリについて

【column】
ウサギ
垂れ耳ウサギが大人気
がんばろう! ウサギのしつけ①
がんばろう! ウサギのしつけ②

ハムスター
愛情エピソード
小さな体から教えてくれたこと

フェレット
マイクロチップ
咬みぐせ
しつけのコツ
インフルエンザ
アメリカ情報
おかげで名コック?

モルモット
チンチラは砂遊び大好き

リス
感染症予防法と人獣共通感染症
小さなリス
しっぽの秘密

鳥類
油汚染鳥を救護する勉強会
ヒナを見つけたら
インコの二日酔
インコの偏差値
台風注意報

学校飼育動物について①
来院時のお願い
シミズ式 動物年齢方程式
学校飼育動物について②
おっぱいいくつ? 歯は何本?


著者:清水宏子(清水動物病院)
出版:インターズー
サイズ:A4判 並製本 100頁
発行年月日:2008年01月25日