Open Nav

“いろはシリーズ”が目指すもの

インターズーは設立されてから約30年間、出版物を介して獣医療業界の教育に携わってきました。この30年間で動物は、ペットから家族へと立ち位置を変え、それに呼応するように獣医療は高度化を遂げてきました。獣医師の勉強する範囲が広がったのは、弊社出版物のバリエーションの増加から見ても明らかです。
また、動物病院の数も増え続け、近年では11,000病院を超えました。
動物業界にとっては喜ばしい事である一方、獣医療をどの動物病院でも同じ水準で提供するのが難しくなってきているのではないでしょうか。
病院独自のやり方や他病院との差別化により動物病院(獣医師)に得意不得意が生まれ、救える動物と救えない動物が出てしまう事は誰も望んでいない事だと思います。
今必要なのは“獣医療全体のレベルが統一され、各講師が「ここだけは必ず学びましょう!」と判断した内容にこだわり、各科の基礎、つまり“いろは”を浸透させたいと考えています。
学ぶべき全ての病気の中でも、優先順位をつける事で、参加する獣医師の学習の効率化を意識しました。また、多忙な動物病院の中で行うのが難しい「教育」の効率化と統一化のお役に立てれば幸いです。
獣医師はかけがえのない小さな命を救う素晴らしい職業です。“いろはシリーズ”を通して、獣医業界の発展に貢献したいと思っています。

救急のいろは 救急入門1日集中講義

  • 2019年3月10日(日)10:30-18:00(受付:10:00)
  • 〔講師〕中村篤史先生〔所属〕TRVA夜間救急動物医療センター
    北里大学卒業
    東京大学動物医療センター 内科研修医 修了
    酪農学園大学付属動物病院 内科研修医 修了

Seminar Contents

  • ①なぜ、今、救急なのか?
  • ②ショックを制する者は、救急を制す-前編-
  • ③ショックを制する者は、救急を制す-後編-
  • ④肺水腫症例への迅速対応
  • ⑤中毒症例を目の前に考える事
  • ⑥猫特有のエマージェンシー
  • ⑦本当の心肺蘇生とは?
  • ⑧質疑応答

血液学のいろは 血液学入門1日集中講義

  • 2019年3月27日(水)10:30~18:00 (10:00受付開始)
  • 〔講師〕根尾 櫻子先生〔所属〕麻布大学 小動物内科学研究室

Seminar Contents

  • ①検査データ~数値に隠れた謎を解く~
  • ②血液塗抹標本の読み方
  • ③赤血球のいろは
  • ④白血球のいろは
  • ⑤血小板と凝固検査のいろは
  • ⑥骨髄のいろは

腎泌尿器のいろは 腎泌尿器入門1日集中講義

  • 2019年6月20日(木)10:30~18:00 (10:00受付開始)
  • 〔講師〕宮川 優一先生〔所属〕日本獣医生命科学大学 獣医内科学研究室第二

Seminar Contents

  • ①慢性腎臓病とは一体何なのか
  • ②Cre?SDMA?腎機能検査の重要性
  • ③慢性腎臓病の治療に必要なこと
  • ④透析がないときに考える急性腎不全
  • ⑤尿石症には食事療法、でいいの?
  • ⑥知ってるようで知らない猫の下部尿路疾患